LINK

ショップで全ての保有カードが決済可能なのではありません。ハーブガーデンシャンプー

:カードの加盟店舗は多くの場合、ときには5を超えるクレカブランドに加盟していますがみなの加盟店で全部の運営会社のクレジットカードが決済可能なわけでもありません。

例えば古いタイプのショップのときはJCBの入っているそのカードしか決済できない場合もあるし、新しい契約店なんかではVISAやマスターの名前のやつだけしか決済不可なときもあります。

ダイナースクラブカードといったカード会社の場合、もっともっと決済できない場面が多いでしょう。

どのカードが使えるかどのように見分けたらいいの?「それならどのような方法でどのブランドの所有クレカが決済可能かというのを見たらいいのか?」といっても、確実に見るんだったらそこの方に確認してみるのみ、というのが残念だけど正しい答えです。

でもほとんどの店やショッピングモールには加入店の分かりやすい部分に切れるクレジットカード会社のマークが入っているステッカーが貼られているから「へー、あそこの店舗ではJCBが使用できるのだな」ということが困らないようにされているから心配しないようにしていただけるとよいと思います。

とはいっても、しっかり案内が出来ていない加盟店舗の場合にはシールが掲載されている状況でも「当店舗ではそのクレジットカードはお受けいたしかねます」等の回答を受けるケースもないともいえず途方に暮れてしまう状況に出くわしかねません。

やっぱりできる限り全ての店舗で使えるようにするためにも異なる種類のグループ(国外マーク)がプリントされた一般的なVISAカード、マスターカードアメックス、等のクレジットカードを複数枚財布に入れておくようにするとよいと思います(例:セゾンカードをすでに持っているならその次は銀聯カード付帯のクレジットカードを使用するほか)。

特に海外に出ないならVISA、MasterCard、JCBカードの3つのマークが書いてあるクレカをいつも使っていれば、おおよそ日本全土の加盟店でいずれかのカードを使うよう準備万端というわけです。

クレカを使用して効率よくポイント取得を目標とするのであれば、それぞれのクレジットカードを申し込んでおいて損はないでしょう。