LINK

様々あるキャッシングサービスの審査の視点から比較してみると、審査もまた様々であるとことが図れます。

お金の借入れといっても、銀行系のものであったり大手のキャッシング会社のものであったり、そして独立系のものなどが存在します。

それを比較した際、明らかに、審査項目が簡単な会社、その逆の厳しい会社と、はっきり分かれていきます。

初め、同時期に融資を受ける会社は、多くて三社というのが判定の基準と言えます。

借り入れ業者が多くて三社以内で、お金の融資をしてもらっている金額が一年間の収入の3分の1より少なければ、金融機関であっても審査項目をパスする確率は高いといえます。

金融機関は総じて利子が少なめに設けてくれてますので、利用をするということであれば金融機関系がベストです。

キャッシング件数が万が一お金の借入れ件数が四件を上回っている場合は、金融機関は難しくなります。

ですが、2006年に新しくできた出資法等や貸金業規制法の法の改正により、利息の上限金利が引き下げられ、金融機関系ではキャッシングの審査が厳しくなってきている方向にあるはずです。

銀行系でも、もっと審査基準に関して通りづらくなってきていると思います。

また審査項目の幾分あまい会社と人気の会社でも、安易に審査依頼するればよいわけでもありません。

万が一、前にその企業において情報を調べずに申込みをして、審査基準に通らなかった場合、その審査項目は個人信用情報機関に保管されてしまいます。

信用情報機関に登録される期間は3ヶ月〜6ヶ月なのです。

その際、個人信用情報機関の記録が汚れてしまうこととなってしまします。

汚れたからといって即座に借りられないというわけでもでないですが、その情報を閲覧するキャッシング会社の手続きには、なんかしらの影響があるといっていいでしょう。

比較的甘いといわれている審査項目を行う会社でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングできなくなるということも発生する可能性がでてきます。