LINK

カードという代物を使用するためには、申請者当人がカードを所有可能な歳であるという制限がございます。楽天カード

原則通りでない場合は当然ないわけではないが、原則、18?65才くらいまでの人間がターゲットだという一般則に着目する必要があります。

未成年の方は父母の承認が必要…まず言えることは作成希望者が高校三年生にあたる18歳以下の年齢だという時点であれば、残念ながらクレジットの申込は無理だと考えた方が無難でしょう。

中学卒業と即座に就職して、社会人として働いている人も数多くいらっしゃると考えますが、あらゆる免許証の類いと変わらず、特定の年になるまでの間においては発行は条件的に厳しいと思った方が妥当です。

高校卒業直後の18才?19才である例→所有希望者が18才?19才の未成年だという場合には、段違いに収入の多い会社に就労しているから収入が大変巨額であるというケースであっても保護者の承認が必要とされるのでこちらもよく確認することが肝要です。

また、学部生もしくは専門学校通学者などの学校生の場合を考えて在学生用カードなどという学校の生徒をターゲットとしたクラシックカードが用意されているため、それに相当するクレカを登録申請することにするのが確実です(学生カードに対する申請でないと手続きが通らない確率が高いことも)。

あるいは、自分自身でクレジットカードの手続きをしなくても、父または母親といったあなたのご両親が所有中のクラシックカードの家族カードを保持させて貰うことなども一つの解決策である故、何かにつけ支出におけるやりくりがややこしいものだという風に思ってしまうのであれば頼み込んでカードを作ってもらうのも効果的でしょう。

18歳の誕生日を迎えた以降の状態であっても高等学校の学生はクレジットカードを所有できない→ところで、たとえ18歳だったということであっても高校に在学中の生徒はカードを基本的には保持することは可能であるとは言いがたいです。

ただし、実務訓練等を行うことを目的とした特殊な3年制でない高校もしくは5年以上在席する必要のある夜間高校(各種養成学校等の学校)の場合では高等教育機関の生徒でも生徒用のカードの利用を認可される状況がサービスによってはある故カードが欲しいという場合には意中のカード会社のカスタマーセンターで連絡してみて頂きたいと思います。