ノートPCの画面の前で、リアルタイムで変動しているレートを見ていると、取引をするという感情に煽られる場合も多いです。ナイトブラ

でも、ぼんやりした勘で売り買いをするのだけは、断じてしてはいけません。クリアネオ 足臭

知っての通り、相場は昼夜を問わず常にどこかの国の外国為替市場がオープンしているし相場もいつでも変動しています。ロフトベッド おすすめ

しかし、闇雲に取引をすると、その分損をするリスクが高くなります。東京ダンスヴィレッジ 口コミ等

当たり前ですが、エントリーの数を積む事で、少しずつ利益を上げられる確率か50%、50%になるのは事実です。メディプラスゲル 口コミ等

でもこの事は「明確でない思いつきでエントリー」してしまうこととは別の話です。朝活酵素 口コミ

エントリー回数を積み重ねるというのは、自分で「ここで勝負」と考え付いた勝機を得た状況での注文回数を重ねるという意味です。加圧シャツ

特段の理由も無く、ひっきりなしに注文をするのとは明らかに違う。ヴィトックスα効果

市場の勝負に勝利するためには深く考えて緩急をつけることこそが肝心です。求人 託児所付き

「ここは勝てる」と思えたマーケットの時には迷うことなく所持ポジションを積み増して覚悟を決めて儲けを追い求めます。ピンキープラス 口コミ等

「かなり難解な外国為替相場で、どう変化するのか読めないな」と考えた時は、執着しないで持っているポジションをひとつ残さず見切りをつけて何もしない。

それくらいのリズムをつけた方が、結果的に売り買いはうまくいくものだ。

相場の金言には「休むも相場」というものがある。

本当にその通りだと思います。

取引とは、休みなく売買ポジションを所持する事が大事ではなく、どれも持たずに何もしないことも状況によっては、必要です。

では、どういった時に、休めばよいのだろうか。

最初に考えられるのが、前に述べたように、これから先の外国為替市場が明確に見通しがきかない時です現状からドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は、間違って判断すると、自分の考えた物語とは違った方向に外国為替相場が動いてしまい、損失を被る事になります。

だから、このような時はポジションを0にしてそのまま何もしないで黙ってみているだけが最善の策です。

ふたつめは、自分自身の体調が悪いときです。

コンディションと市場に関係しないと考える方もいると思いますが実際には案外関係がある。

体調が思わしくなければ、外国為替相場のミスできない状況で、必要な判断が出来ない場合があります。

気乗りがしない時は、外国為替相場から距離を置くことも大事なことだ。